g_16673-2_1
Inger & Lasse SANDBERG / Lilla Spöket Laban får en lillasyster


残って仕事してるのは
私ひとりだけのようだった

静まり返った部屋の中に
私の叩く
キーボードの音だけが
響いている

もう、これぐらいにして
そろそろ帰ろうか!?


そう思った時だった

うん?

廊下(ろうか)で何か
物音がしたような…

仕事で疲れ果てた
神経を集中させ
最後の力を振り絞って
耳を澄ませ

全精力を注いで
聴音装置ソナーに
耳を
傾ける
潜水艦乗りのように

全身を“耳”にして

   ♠

その物音は
こちらに向かって
近づいてくる


どうやら
誰かの足音のようだ

コツコツと

誰だろう?
こんな時間に
やって来るなんて

   ♠

そして
その足音は
私のいる部屋の前まで来ると
ぴたっと止まった

???

扉が
静かに開く

・・・


   ♠



そこに立っていたのは





君だった
  






 谷山浩子ここにいるよ

ささやかな 明かりだけど
わたし ここにいるよ

あなたが生きている
それが誰かをいつも
あたため 照らしてる
それを忘れないで