Quatre Saisons ~絵本と ことばと 恋バナと~

昔々、ある所に"アラン"という名の怠け者の子供がいました。 その子は、大人になると洋書の絵本屋になりましたが、宣伝も商売もうまくありません。 ある日、こわ~い鬼から言われました。「アラン、せめてブログぐらい書いて、自分の店を売り込め!でないと、おまえを食っちゃうぞ!」と。 アランは「え~、めんどくさ~い」と思ったのですが、食べられちゃっては大変です。 そんなわけで、ブログで自分とお店のことを紹介しなければならなくなったアランは…

2016年08月

≪現場を牛耳る
ボランティアの
オバちゃんの証言≫

ここだけの話なんだけどさ


 いい!
くれぐれも労働基準監督署
などに
タレこんだりしないように
分かってる!?  

 「アランの絵本屋さん」は、

ブラック企業だったのよ・・・


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

書庫で
こき使われているのは

1週間の予定で
"職場体験" にやってきた中学生 
  (通称:ピース坊や)と

定年退職してブラブラしてる 
 (通称:あくまオジサン)

の二人なんだけど

 アラン社長の
腹黒い胸の内では

(どうせ ピース坊やは
不登校ぎみなんだから
1週間どころか
一生 "職場体験" させて
こき使ってやれ!)

と画策し、

(それに あくまオジサンは
「"キョウイク" がない(今日 行くとこ どこもない)」し
「"キョウヨウ" がない(今日 用 何もない)」
ひまじんオジサン 
なんだし
年金も もらってるんだから
無給でこき使ってやれ!)


二人を奴隷労働させる
つもりなんだから・・・


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

≪ある日の  絵本屋さん  の書庫にて≫

 (ピース坊や) 社長!暑いよ~
どうして ここにはクーラーないの?

 (アラン社長) クーラーだって!
この貧乏 絵本屋のどこに
そんな金があるって言うんだい?!

 いまどきクーラーないなんて
信じられないよ~

 (あくまオジサン) 近ごろの若いもんは
すぐクーラーだなんだと言って、
体の鍛え方がなっとらんのう!

 そんなこと言ったって、
暑いもんは暑いんだから。
熱中症になったらどうすんのさ!

 確かに暑いなあ。
熱中症になったら たいへんだし、
今日のところは
これで終わりにしとこうか!?

 えっ、まだ30分も働いてないよ!

 まあ いっから いっから。

 まだ、1冊も きれいに できてないんじゃが・・・

 明日にしましょう!明日、あした!
さあ、みんなでクーラーのあるとこに
アイスクリームでも食べに行くぞ~!

 ・・・


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

このように「アランの絵本屋さん」は、
 とんでもない
ブラック企業だったのよ・・・
(違う意味で・・・ )


(ダメだ、こりゃ)




[つづく]



キャンディーズ 「優しい悪魔









014


女神さまの長い髪を梳く。

そんな些細なことが
幸せなひと時だったりする。

でも
あれは
遠い過去のこと?

それとも
いつか起こる正夢?

    (アラン)







德永英明 「抱きしめてあげる」



心の真ん中が痛い
あなたを思うたび

できるなら時を越えて
幼いあなたに逢いたい

二度と ひとりにはしないから
抱きしめてあげる









このページのトップヘ